「iphoneX在庫/iPhone8,iphone8PLUS在庫」最新リアルタイム!2017年

2017年の「iPhoneX在庫」と「iphoneXPLUS在庫」の最新リアルタイム情報の予約関連情報など総合的に掲載しています。

ARとは何か?スマホとの連携が強化されて行く!?

人が感知可能な現実世界に、「全く別の新たな情報」を付加させた上で、現実をさらに拡張させて表現する手法のことをARといいます。VRとは似て非なるものです。VRは仮想世界を含めた全ての体験を、時空を超えて現実世界のように表現する手法のことをいいます。
つまり、VRは現実世界とは切り離したものですが、ARはあくまで現実世界を保持した状態で様々な情報を付加させる技術手法をいいます。
あのポケモンGOがこのAR手法を使って一世を風靡したのはつい先日のようで記憶に新しい。
大概の人々はVRのような現実離れした世界にどっぷり内に引きこもることはしないのではないかと考えます。やはり、現実は現実で無視することはできない。
そのためにもARのような現実世界と共鳴しながらであれば、内に篭って具合が悪くなるということは考えにくい。VRは悪影響を人々に与えるであろうという見方があります。
片や、ARは現実の世界に様々な味付けがなされて豊かな世界を産み出す技術であり、今後は注目度が上がっていくと思われます。
Augmented Reality、即ちARは素晴しいものに発展し、人々の生活を豊かにしていくと予想されます。
というのも、これからのコンピュータの世界はスマホ、ウェアラブルスタイル等の形状の進化と共にCGによる販売促進ツールや客集めのツールの進化と相まって、時間と空間を自由自在に表現することがかなりのスピードで世に出てくると予感がします。
アップル社のCEOであるティム・クックが西欧でのインタビューで述べていたことが印象的であった。
ARはプロダクトというよりも、むしろ未来志向におけるコア技術の一つになり得ると考えます。これまでのiPhoneのコアであったシリコンチップのようにです。
つまり、スマホがそうであったようにです。
しかしながら、ARがメインストリームとして世に出るためには様々な課題があり、それを乗り越えてこそ新しい時代がやってくると思われます。アップル社のみならず、マイクロソフト社、グーグル社もAR/VRに対する開発に力を注ぎ込んでいます。
アップル社に於いては、AR/VRの研究の第一人者であるDoug Bowanを昨年採用したことで、さらに開発に拍車をかけているのが伺えます。

ARは現実世界を向上かつ豊かにする素晴しいコアです!

AR以外にも、ioTAIビッグデータ利用技術等がさらに発展し、これらが絡み合って予想だにしなかった世界が出現する可能性を秘めているといえます。

iPhoneXってインパクト不足って感じしませんか?

 

先月、iPhone 8を中心に3つのモデルが待望論に応える形で発表されたが、このうち、特にiPhone Xに対しては注目された。

 

発表される前は、様々な憶測が飛び交って混乱状態に陥っていたようだ。iPhoneXとはiPhone 8のことを指し、iPhone 8はiPhone 7sのことを指しているに違いないと思われていた。ところが、ドイツのベルリンで開催されたIFA2017の会場では、iPhone 8、iPhone 7sという形で展示していたケースが大半占めていたが、実際にはiPhone XiPhone 8として発表されていた。多くの人々が今回のiPhone騒動に擦り回されて翻弄されたことが実に印象的な事態となった。

 

IFA2017においてオフィシャルに3つのモデルiPhoneが発表されたにも拘らず、どういうわけかiPhone 7が発表された当時のインパクトに比べて弱く、購買欲も今いちのような気がするのは筆者だけであろうか? 大概の人は見送るという現象が起きているような気がする。

 

それは何故なのかという要因を追求してみると、どうやら今回のiPhone 8関連には、人々をアメイズするような「キラー」となる要素が見当たらない、即ち成熟感が欠けているのではないかということに気が付いた。思い出してみよう! 

 

iPhone 7の時はFeliCaiPhoneに装填されてモバイルによる支払、つまり、モバイルペイメントが普及かつ広がりを与えるアメイジングがあったことを! これ以来、モバイルペイメントは相当な勢いで広がり、今や当たり前の姿を帯びているといえる。

 

これらインパクトのあるiPhone 7に対して、今回のiPhone 8、iPhone Xにおいては無線方式の充電、即ちチーが出現、有機ELによる画面及び背面にガラス素材が施されれたこと、ホームボタンが消滅したこと、LTEを装填したApple Watch Series 3等、いずれもインパクトが弱いといえるのではなかろうか。iPhone 7からというよりも、iPhone 6等からの方がインパクトはありそう。

裏を返せば、iPhone 7からの買い替えは少し早く、むしろ次のバージョンまで待つほうが得策のような気がする。

iPhoneの裏面に「総務省指定MIC/KS」の刻印がない!

iPhone8を手に入れた皆様、iPhone8をひっくり返して裏面をみて下さい。今まであったものがなくなっていることに気がつきましたでしょうか? 

そうです、「総務省指定MIC/KS」という刻印がないのです。何故刻印が消えたのでしょうか? 思い出してみて下さい。

当時の総務大臣が記者会見で発言した内容を思い出して下さい。それは、こういうことです。

つまり、「FeliCa」という非接触ICカード技術に対応するために必要であるという内容を発言したことです。この発言は電波法によることが影響してます。

この電波法に準拠することになれば、iPhone8も例外ではなく、刻印があってしかるべきではないかと思います。

 

<注>参考に、電波法施行規則第46条の4に明記されています。

 

ところが、実際問題iPhone8の裏面には「総務省指定MIC/KS」の刻印がありません。いったい、その理由は何でしょうということで調査しました。

 

結論からいいますと、2017年4月17日付けで電波法が改正されたためです。この法令の改正で、「総務省指定MIC/KS」表記を電磁的表示で代替しても良いということになり、スマホ画面での表記によって代替えを行なっています。つまり、認証マークをソフトウエア的に画面に表示することを電磁的表示と定義しています。

 

さらにその上、デザインをおこなった会社の名前つまり社名、製造した国の名前、及びモデルの名称のすべての表記がなくなり、随分とすっきりとした印象で、さらにより美しいデザインになったといえます。

 

「総務省指定MIC/KS」は電磁的表示で代替可能!

デザイン性においては、ますますスッキリかつシンプルになっています。