「iphoneX在庫/iPhone8,iphone8PLUS在庫」最新リアルタイム!2017年

2017年の「iPhoneX在庫」と「iphoneXPLUS在庫」の最新リアルタイム情報の予約関連情報など総合的に掲載しています。

iPhoneとAndroidの徹底比較!どう変わる?セキュリティ、バックアップ、特許など

iPhoneとAndroidとの徹底比較

まず、iPhoneとAndroidはどこで生まれたのかを述べる。携帯電話では帯電話固有のオペレーティング・システム(=OS)が大部分占めている。 スマートフォンのOSは通常インターネットのプロトコルを採り入れて、ブラウザやメールに対応できるようにしたもので、創世記は1990年ごろと いわれている。この年にNTTドコモはiモードという名称でサービスを開始した。iPhoneはアップルによって自社で開発されたオペレーティング・ システム(=OS、以下OSという。)で、もともと底辺としてMacの流れを汲むUNIXをベースとして、タッチパネル技術を加えて携帯機器用に最適化を 図った上で再構成したものである。対するAndroidは組込機器や携帯情報端末の開発を得意としていたアンドロイド社を買収したグーグルによって 開発さOSはOS X iPhone ⇒ iPhone OS ⇒ iOSという流れで変遷れたOSで、Googleの主力サービス・ソフトウエアとなっているメールソフトのGmail、動画サービスの YouTube、カレンダー等のサービスが利用することができる。OSのアンドロイドはLINUXをベースとしている。つまり、iOS(iPhone)は UNIXを、Android(アンドロイド)はLINUXをベースとしている違いが明確にある。 ■iOS(iPhone)・・・ Apple社が開発したOSで、UNIXをベースにしている。 ■Android(アンドロイド)・・・ アンドロイドを買収したGoogle社がLINUXをベースにして開発したOSである。

【特許について】
■iOS(iPhone)・・・ Apple社のみに制限しているため、取扱可能なプロダクトが少ないというデメリットが歴然としてある。
■Android(アンドロイド)・・・ Google社も同様に特許を取得しているにもかかわらず、制約がないため各メーカーは自由にプロダクトを製造することが可能である。従って取扱可能な端末機等が多種多様に存在するメリットがある。
【それぞれの特長について】
■iOS(iPhone)・・・ Macの影響をもろに受けているため、オペレーション、つまり操作性において利用者本位かつ直感的で、わかりやすい特長を有しており、他のApple社の製品とは相性抜群で円滑かつ問題なく接続可能である。
■Android(アンドロイド)・・・ オペレーション面ではわかりやすさという点で課題を残す場合も少なからずあると同時に、接続可能な製品には多くの困難を伴うケースがある。
しかしながら、直近では両方共性能面では大きな差異が見当たらず、比較的滑らか、かつ快適な操作環境を提供している。

【セキュリティについて】
■iOS(iPhone)・・・ 問題なく極めて優れている。
■Android(アンドロイド)・・・ 悪意あるソフトウエアであるマルウエアが固有にあるため注意が必要である。

【バックアップについて】
■iOS(iPhone)・・・ 音楽ファイル等のメディア関連及びフォト・ファイル、電話帳等のバックアップは極めて簡単かつ容易である。全体的にはデータ管理に関してiCloudを有しているため利用者にとっては非常に楽である。ただ残念なことにSDカード・スロットが用意されていないため、バックアップの電子媒体としては利用不可である。
■Android(アンドロイド)・・・ パソコンとの連携が非常に強く得意としているため、Googleアカウントを活用したバックアップ形態を採用している。ということは、裏を返せば種々の機種の取扱が出来るためバックアップの方法とプロセスが複雑かつバラバラになっているデメリットがあることは否めない。ただし、機種によってはXperia上でのMedia Goというバックアップ専用のソフトウエアが準備されていて、簡単に操作ができるようになっている。

バックアップにおいては、利用者にメリットがあるのはiPhoneの方である。何といってもバックアップするにはクリックが2回で済ませることができるし、iCloudがいざという場合に備えて控えているため、パソコン上のデータが破損または消滅しても安心である。

一方、Androidでは操作が複雑で辿ってバックアップするため、利用者、とりわけ初心者にとっては難解であると思われる。

【カスタマイズの自由度について】

■iOS(iPhone)・・・ iOSはもともとカスタマイズ不可思想で設計されているため、カスタマイズは出来ない。変更可能な部分は壁紙及び着信音ぐらいで、操作は簡潔明瞭なため初心者には適しているといえる。
■Android(アンドロイド)・・・ カスタマイズに対しては自由にできる思想で設計されているため、かなりの自由度でカスタマイズが可能である。ホーム画面、アイコン等細部にわたってカスタマイズができるようになっている。つまり、容易に自分好みにカスタマイズができる反面、初心者にとっては複雑でややこしくなりがちである。ということはカスタマイズを前提とする場合はAndroidの方がベターであると考えられる。ホーム画面に豊富な種類のウィジェットを設置する場合は特にAndroidが適しているといえよう。

【価格について】

■iOS(iPhone)・・・ 全体的にはプライスゾーンとしては6~9万円位で設定されている。何といってもコストパフォーマンス(=コスパ)を重要視している傾向にある。
■Android(アンドロイド)・・・ 8~9万円で大多数が設定されていて、性能に見合うことに重点をおいている。

価格においてはiPhoneの方がコスパ面に於いて優位にあり、比較的に価格が安い。

【選択基準について】

iPhoneを選ぶか、それともAndroidを選ぶかの基準項目として、操作性、機能、オーディオ、カメラ、ワンセグ、防水・防塵、バックアップ、価格の8つの項目が挙げられる。良い悪いに振り回されることなく、自分にとってニーズに適合した機種を選択することが最重要なポイントと考える。