「iphoneX在庫/iPhone8,iphone8PLUS在庫」最新リアルタイム!2017年

2017年の「iPhoneX在庫」と「iphoneXPLUS在庫」の最新リアルタイム情報の予約関連情報など総合的に掲載しています。

世界的にiPhoneとAndroid!どっちが人気があるのか?

ある調査会社のデータによると、日本に於いてはiOSが49.2%、Androidが45.8%という結果が出ていて、iPhoneへの人気の高さが読み取れる結果ではないかと思われる。この調査では16歳上の男女を調査対象として、毎月10,000人を対象に、2013年1月から3月に亘って調査した結果に基づいている。

 

その結果をみてみると、

【Android】①スペイン・・・93.5%、②ドイツ・・・73.6%、③中国(都市部)・・・69.4%、④フランス・・・63.3%、⑤イタリア・・・62.5%、⑥オーストラリア・・・61.7%、⑦イギリス・・・58.4%、⑧アメリカ・・・49.3%、⑨日本・・・45.8%

【iOS】日本・・・49.2%、②アメリカ・・・43.7%、③オーストラリア・・・31.0%、④イギリス・・・28.7%、⑤中国(都市部)・・・24.6%、⑥フランス・・・21.2%、⑦イタリア・・・19.9%、⑧ドイツ・・・16.9%、⑨スペイン・・・3.2%

 

iOS開発メーカーであるApple社がアメリカが2位で、日本がトップに躍り出ている現象に、如何に日本でのiPhone人気の高さが伺える。逆にスペインでは、Androidに対して異常と思えるほどの人気の高さを示している。

 

これらの調査結果は非常に興味深いものがありそう。というのも、Apple1社のみで49.2%とほぼ半数を示しているということはソフトバンクとauの2社が恩恵を享受していることを示しているといえる。

では、なぜ日本においては、iPhoneに対する人気が高いのか? その原因を追求していくうちに少しずつ見えてきたのは、Androidがオープンソフトウエアで構成されていて、誰もがアプリを開発して世に出すシステムが確立されている。その影響を受けて様々なモデルが「これでもか!」という位に多数出されていて、価格の於いても求めやすい価格構成になっている機種が多く見受けられる。このことが海外では根強い人気を博しているのではないだろうか? 

ところが、日本ではiPhoneそっくり機種が多く出されている。価格、機能の両面で殆どiPhoneと変わらないというものまねが氾濫していることから、人間の心理として価格が変わらないのであれば、ステータス・シンボルとしてのiPhoneにしてみるかという心理がはたらくのではないかと考えられる。ということは、ガラケとスマホに於けるprice zone、いわば価格帯に空洞になっている。

 

ここにAndroid機に対するプロダクト・ラインが補填して充実させていけば、新しいユーザーを確保出来るのではないかと考えるのだが、どうであろうか?

もう一点、気になる理由として、高校生がスマホで約90%程度の人が勉強に利用しているという事実であろう。勉強にiPhoneを利用していることからiPhoneを選んでしまうことある。

つまり、仲間が仲間を呼ぶことで、iPhone人気が根強い。その上、「iPhoneでのケースがかわいい。」ということが口コミとして瞬く間に広がってことも大きな原因となっている。ということは、「みんなiPhoneをもっているから」、「みんなiPhoneを使っているから」という仲間意識を共有する意識が芽生える構図が根強い人気の要因を形成しているといえる。