読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「iPhone7iphone7PLUS在庫」最新リアルタイム!2016年

2016年の「iPhone7在庫」と「iphone7PLUS在庫」の最新リアルタイム情報の予約関連情報など総合的に掲載しています。

iPhone7在庫/iphone7PLUS在庫情報!予約しておこう!

iphone6発売 iphone在庫

iphone7/Iphone7PLUSが発売決定!

2016年最新機種「iphone7」発売中!

※ ネット予約は自宅OK、店頭受け取りOKです!

ソフトバンク公式ページ

au公式ページau

 iphone7が発売中!予約したらいつ届くの?iphone7の在庫情報を解説します。

更新日:2016年11月19日

現在手に入れている人の予約日を記述して行きます! 

ソフトバンク 最短11月15日

ネットで予約した人(128GB ジェットブラック)

ドコモ 最短11月19日 

ネットで予約した人(32GB,128GB 全ての色)

AU   最短11月17日

ネットで予約した人(32GB 金、ジェットブラック)

こちらの日付は最短の人の日付なので少しばらつきはあります。現在の状況をまとめるとドコモがほぼ全色の色が11月19日の予約で手に入る状況で他のキャリアのソフトバンクとAUが色によってばらつきがあるという感じです。ただこのばらつきがあるきゃりは人気色のジェットブラックが逆に早い入荷で手に入るようになっています。在庫をたくさん仕入れたのでしょうか。今年は防水加工やSuica対応などで去年以上の予約が多いそうです!今のところ最短で手に入れるにはインターネットで予約するのが一番良いですよ。在庫が豊富です。

ネットがしばらく在庫をゲットするのに一番強いでしょう。

※ ネット予約は自宅OK、店頭受け取りOKです!

ソフトバンク公式ページ

au公式ページau

 

ショップですとまだ入荷ができないですと言われる確率が高いでしょう。

田舎の方はわかりませんが。

iphone7/iphone7PLUSの値段価格は!

❐softbank 

88,080円(32GB) 99,840円(128GB)111,840円(256GB)

❐docomo  

82,296円(32GB) 93,960円(128GB)105,624円(256GB)

❐au  

 79,200円(32GB)  90,720円(128GB)102,600円(256GB)

どこもあまり変わらないですが前回よりも3万円くらいどこも高いですね。

料金がソフトバンクが一番高いように思えますが割引があったりするので勘違いしないようにしましょう。32GBソフトバンクは月々ですと24ヶ月払いで450円、auは月々855円、ドコモは1,107円です。実はソフトバンクが一番安い。これは月々割引の金額の差です。価格にだまされないようにしましょう。

128GBだとソフトバンクが930円でAUが1,335円、ドコモは少し高い1,593円くらいです。iphone7PLUSは価格の総額が1万以上高いイメージで月々は500~600円位高くなる感じです。

現在、最速で手に入れるにはショップではなくオンライン予約です!

ソフトバンク公式ページ

au公式ページau

2016年のiphone7/iphone7PLUS在庫について

iphone7の在庫確保はdocomo、au、softbank共に戦いになるだろう。

去年はdocomoがauとsoftbankに競合して三社の戦いであった。やはり去年はソフトバンクの在庫状況の優位性が目立った。

ここでiphoneの在庫が手に入る店を整理しておこう!

・各キャリアのHP(ホームページ)

・各キャリアの直営ショップ

・アップルストア

・家電量販店

・各キャリアショップの代理店

などです。

インターネットでオンライン予約ができるのは、各キャリアのホームページです。

去年の在庫数が多かった順は

1位 ソフトバンク、auのHP(ホームページ)

2位 ソフトバンク、auの直営ショップ

3位 家電量販店(ヨドバシやビックカメラ、ヤマダ電機など)

4位 アップルストア

5位 各キャリアショップの代理店

今年の在庫予想としてsoftbankの安定感とdocomoが去年の出遅れを取り戻そうとしてくれるだろう。

iphone7を円滑に購入するためにはまず各キャリアのホームページで予約というのが一番可能性が高いという事になりますね。

【iphone7とiphone6/6sの変わった所のまとめ】

大きさ以外のほとんどは変わったと言えます。基本機能であるA10にアップデートしたCPUを始め、ホームボタンのセンサーを増加させた。メモリは iphoneでは2GBあれば十分ですが、スペック面、価格、イヤホジャック面を考えた場合はiphone6/6sの方が良いと思われるが、「機種変更時 のヒント」を参考にして自分にとってはどちらがふさわしいかを検討し、自分の生活スタイル等の利用面から”自分にピッタリ”なスマホに乗り換えて下さい。

イヤホンジャックが廃止されたためにライフスタイルがどう変化するかが懸念材料ではあるが、総合評価としては「買い」の1台であることに は間違いなさそうです。イヤホンジャックは同梱の変換アダプターで問題解決されますし、本体容量が32GB、128GB、256GBの3通りが用意されているため、選択肢 のバリエーションが増えている。現在64GBのiphoneを持っている方は128GBのiphone7が相応しいと思われる。また、128GBのiphone6/6sを利用していてきついな・・・という場合は256GBを選択することをお勧めします。
ただ、初めてのiphoneの場合は128GBではオーバースペックと言えます。むしろ持て余すといっても過言ではありません。32GBはありませんので、64GBで十分機能すると考えられます。資金的に余裕がある場合は128GBでOKです。

ソフトバンク公式ページ

au公式ページau

iphone6(過去時期)

2016年3月18日更新

ネットで申しこめば、送料無料で自宅まで配送f:id:income2000:20151003181858j:plain

2015年から iPhone6s発売中!

最新情報!すでに行き渡っている人も多いかと思いますが自宅まで届けてくれるソフトバンクのインターネット予約がおすすめです。在庫情報はもう心配する必要はないでしょう。明日、次の日に送付の連絡が来る感じです。

ソフトバンクの在庫は一番充実しています。結構早く手に入ります。予約は30秒でできるくらい楽な項目です。スモホでも予約ができます。自宅、店舗受け取り可。

ソフトバンク「iphone予約」サイト!自宅郵送OK↓

iphone在庫情報のリアルタイム情報はこちら!

★2016年のiphone6sの在庫状況!

1.ゴールド系は人気が高いので在庫が少ない。予約が殺到しています。

2.一番人気がある容量は64GBです。それ以外ですと在庫確保が早い。

3.iphone6splusは人気が無いが在庫がほとんど無い。手に入りにくい。

⇒ソフトバンクオンラインショップ

現在の全体の在庫情報は今年も苦戦しそう!

4.7インチ「iphone6s」74,800円

ソフトバンク 25,560円~在庫あり

・AU 16,080円~在庫あり

・docomo 25,920円~在庫あり)

5.5インチ「iphone6sPLUS」86,800円

・ソフトバンク 38,520円(在庫あり)

・AU 28,920円~(在庫あり)

・docomo 38,880円~(在庫あり)

もうどこでも手に入るのでどうやって手に入れるかの選択試となる。

・各社のホームページ

・家電量販店

・各キャリアショップ

どこでも良い!ネットで予約すると店を指定できたり自宅まで届くから楽ですよ。

キャリア別のiphone6在庫状況 3月18日更新

★ソフトバンク在庫状況・・・ソフトバンクもついに在庫が充実。ようやくソフトバンクの在庫も充実。4.2インチ、5.5インチも即時可。少し遅かったiphone6sの128GBも大丈夫です。iphone6splusも問題なく在庫豊富です。すぐに購入できます。⇒ソフトバンクオンラインショップ

★ドコモ在庫状況・・・docomoは4.7インチ、5.5インチ両方ともいつでも在庫確保ができます。発売当初は大丈夫かなとおもっていたのですが今は問題なしです。

★au在庫状況・・・こちらも4.2インチ、5.5インチ共に充実です。iphone6sPlusもすぐに手に入りますよ。

ソフトバンクオンラインの在庫が多い

毎年ソフトバンクの在庫が多くauやドコモは思ったより少なかった。やはりこれから予約するのであればソフトバンクが優位かもしれません。

今現在は在庫状況がわからないので発売日が待ち遠しい。ちなみにネットですと自宅か近くの店舗に届けてくれるので楽です。パソコン、スマートフォンで予約が可能です。受け取りは近くのショップにも指定ができます。わからない事があればその時に聞けばOKです。

少しでも早く手に入れたいならソフトバンクHPページで予約を!

ソフトバンクオンラインショップ

製品情報:iPhone6デザインは角丸タイプでした。
大きさは5.5と4.7インチ・A8搭載、スローモーション撮影撮影、お財布代わり料金支払可能!ネットスピード、解像度、動画撮影、連続通話時間などグレードアップ。

詳しくはソフトバンクへ 「iphone予約受付中」

 

ネットで申しこめば、送料無料で自宅まで配送!

f:id:income2000:20151003181858j:plain

LINUXとUNIXの違い 歴史/生い立ち

UNIX  

 

UNIXは現存するオペレーティング・システム(=OS)にあっては最古のOSの一つである。最古であるが故に辿った道は複雑で数々のOSの基礎を築いたことで知られる。その歴史は、1968年にAT&T社ベル研究所が開発したオペレーティング・システムで、当時は画面中心に操作を可能にする機能であるグラフィカル・ユーザー・インターフェース(=GUI)が開発されていなく、黒い背景の画面上でコマンド・ベースにコンピュータを動かしていたキャラクター・ユーザー・インターフェース(=CUI)という機能をフルに使用していた。当時は操作が簡単で容易なショートカットキーを用いてWindows及びMacを操作していた。因みにAT&T社は現代ではアメリカ有数の携帯キャリアの会社となっている。UNIXの特徴としてまず挙げられるのが余分な機能がなく非常に身軽に構成されている。ということは安全性が極めて高いにもかかわらず廉価であることである。

Mac社が有するMacOSはUNIXから派生したOSで、その後独自にバージョンアップを重ねて、企業内のシステムの基幹として利用されたりプロダクトにも多く使用され続けている。例えば、カーナビや携帯電話等に用いられている。OS Xにより使い勝手のいいグラフィカルユーザーインターフェース(=GUI)やタッチパネル方式等の機能を追加して数々の改良を重ねた結果が、現在のiPhoneのOS(=iOS)として使われている。

<注>OS X iPhoneというネーミングで2008年まで使われていたが、2009年にiPhone OSという名前に変わった後に2010年6月にiOSという名前に改変した。因みにバージョンでいえば4.0から用いられた。

UNIXは群を抜いて安定しているため、各企業はサーバーのOSに重宝して使用している。また、各企業が独自に開発したソフトウエアは知的財産権として堅固に守っている。

LINUX UNIXを引用しながら作成したのがLINUXで、フィンランドの首都ヘルシンキで当時大学院生であったリーナス・トーバルズという天才プログラマーが、アンドリュー・タネンバウム(Mninixの開発者)に強烈な影響を受けて、趣味を兼ねて自宅のパソコンを趣味として使っていた環境配下で開発したオペレーティングシステムで、1991年に世に公開した。そこで驚くには何と大学の授業で渡されたMinixをチェックしたところ機能が不足していると直感し、自分でターミナル・エミュレータを開発したのである。しかし、Minixを改造という積りが作り変えというレベルであったため、これではダメだと考え、ゼロから作成し直すことに意を決し、UNIXの著作権を侵害しないためにも独立したものを作ったのである。これがLINUXである。作り上げた時点で、UNIXはライセンス契約の拘束がきついため、「UNIXは面倒だ・・・。」という声が味方となりLINUXが登場することになったのである。作動方法はUNIXと全く同一であるものの、中身はリーナス・トーバルズのオリジナルそのものであった。ライセンスはなく、「気にせず、自由に使ってくれ」ということで、ソースコードはオープンかつ無料で、改良や配布はフリーにしたのである。そのため色々なLINUXが生まれ、数々の改良がなされて安定度は増してきた。そのため、企業のシステム・インフラとして利用する場面が多くなる。そして、UNIXとは違うのがほとんどLINUXは無料であることである。LINUXも色々なものに利用されている。顕著なのはAndroidのスマホである。また、自由に利用されていることから、現在では多くのシステム・エンジニアがボランティアで開発し続けていし、企業のシステム案件における利用も加速度的に増加している。

 

 

結論 ライセンス面での違いが歴然としてあるものの、内容的には非常に類似したOSで親戚関係にあるといえる。

iPhoneとAndroidの徹底比較!どう変わる?セキュリティ、バックアップ、特許など

iPhoneとAndroidとの徹底比較

まず、iPhoneとAndroidはどこで生まれたのかを述べる。携帯電話では帯電話固有のオペレーティング・システム(=OS)が大部分占めている。 スマートフォンのOSは通常インターネットのプロトコルを採り入れて、ブラウザやメールに対応できるようにしたもので、創世記は1990年ごろと いわれている。この年にNTTドコモはiモードという名称でサービスを開始した。iPhoneはアップルによって自社で開発されたオペレーティング・ システム(=OS、以下OSという。)で、もともと底辺としてMacの流れを汲むUNIXをベースとして、タッチパネル技術を加えて携帯機器用に最適化を 図った上で再構成したものである。対するAndroidは組込機器や携帯情報端末の開発を得意としていたアンドロイド社を買収したグーグルによって 開発さOSはOS X iPhone ⇒ iPhone OS ⇒ iOSという流れで変遷れたOSで、Googleの主力サービス・ソフトウエアとなっているメールソフトのGmail、動画サービスの YouTube、カレンダー等のサービスが利用することができる。OSのアンドロイドはLINUXをベースとしている。つまり、iOS(iPhone)は UNIXを、Android(アンドロイド)はLINUXをベースとしている違いが明確にある。 ■iOS(iPhone)・・・ Apple社が開発したOSで、UNIXをベースにしている。 ■Android(アンドロイド)・・・ アンドロイドを買収したGoogle社がLINUXをベースにして開発したOSである。

【特許について】
■iOS(iPhone)・・・ Apple社のみに制限しているため、取扱可能なプロダクトが少ないというデメリットが歴然としてある。
■Android(アンドロイド)・・・ Google社も同様に特許を取得しているにもかかわらず、制約がないため各メーカーは自由にプロダクトを製造することが可能である。従って取扱可能な端末機等が多種多様に存在するメリットがある。
【それぞれの特長について】
■iOS(iPhone)・・・ Macの影響をもろに受けているため、オペレーション、つまり操作性において利用者本位かつ直感的で、わかりやすい特長を有しており、他のApple社の製品とは相性抜群で円滑かつ問題なく接続可能である。
■Android(アンドロイド)・・・ オペレーション面ではわかりやすさという点で課題を残す場合も少なからずあると同時に、接続可能な製品には多くの困難を伴うケースがある。
しかしながら、直近では両方共性能面では大きな差異が見当たらず、比較的滑らか、かつ快適な操作環境を提供している。

【セキュリティについて】
■iOS(iPhone)・・・ 問題なく極めて優れている。
■Android(アンドロイド)・・・ 悪意あるソフトウエアであるマルウエアが固有にあるため注意が必要である。

【バックアップについて】
■iOS(iPhone)・・・ 音楽ファイル等のメディア関連及びフォト・ファイル、電話帳等のバックアップは極めて簡単かつ容易である。全体的にはデータ管理に関してiCloudを有しているため利用者にとっては非常に楽である。ただ残念なことにSDカード・スロットが用意されていないため、バックアップの電子媒体としては利用不可である。
■Android(アンドロイド)・・・ パソコンとの連携が非常に強く得意としているため、Googleアカウントを活用したバックアップ形態を採用している。ということは、裏を返せば種々の機種の取扱が出来るためバックアップの方法とプロセスが複雑かつバラバラになっているデメリットがあることは否めない。ただし、機種によってはXperia上でのMedia Goというバックアップ専用のソフトウエアが準備されていて、簡単に操作ができるようになっている。

バックアップにおいては、利用者にメリットがあるのはiPhoneの方である。何といってもバックアップするにはクリックが2回で済ませることができるし、iCloudがいざという場合に備えて控えているため、パソコン上のデータが破損または消滅しても安心である。

一方、Androidでは操作が複雑で辿ってバックアップするため、利用者、とりわけ初心者にとっては難解であると思われる。

【カスタマイズの自由度について】

■iOS(iPhone)・・・ iOSはもともとカスタマイズ不可思想で設計されているため、カスタマイズは出来ない。変更可能な部分は壁紙及び着信音ぐらいで、操作は簡潔明瞭なため初心者には適しているといえる。
■Android(アンドロイド)・・・ カスタマイズに対しては自由にできる思想で設計されているため、かなりの自由度でカスタマイズが可能である。ホーム画面、アイコン等細部にわたってカスタマイズができるようになっている。つまり、容易に自分好みにカスタマイズができる反面、初心者にとっては複雑でややこしくなりがちである。ということはカスタマイズを前提とする場合はAndroidの方がベターであると考えられる。ホーム画面に豊富な種類のウィジェットを設置する場合は特にAndroidが適しているといえよう。

【価格について】

■iOS(iPhone)・・・ 全体的にはプライスゾーンとしては6~9万円位で設定されている。何といってもコストパフォーマンス(=コスパ)を重要視している傾向にある。
■Android(アンドロイド)・・・ 8~9万円で大多数が設定されていて、性能に見合うことに重点をおいている。

価格においてはiPhoneの方がコスパ面に於いて優位にあり、比較的に価格が安い。

【選択基準について】

iPhoneを選ぶか、それともAndroidを選ぶかの基準項目として、操作性、機能、オーディオ、カメラ、ワンセグ、防水・防塵、バックアップ、価格の8つの項目が挙げられる。良い悪いに振り回されることなく、自分にとってニーズに適合した機種を選択することが最重要なポイントと考える。