「iphoneX在庫/iPhone8,iphone8PLUS在庫」最新リアルタイム!2017年

2017年の「iPhoneX在庫」と「iphoneXPLUS在庫」の最新リアルタイム情報の予約関連情報など総合的に掲載しています。

iPhoneとAndroidを比較!どちらに軍配?

いざ、スマホを買おうとした場合、iPhoneAndroidの2種類のプロダクトラインがあるが、一体全体どちらを求めるべきかという非常に悩ましい問題に直面する現象は大半の人が経験しているのではないでしょうか? 

どちらを選択するかの判断基準として、大きく①価格面、②市場占有率(シェア)、③安定性、④自由度の4つについて比較してみます。

 

価格面 iPhone】新機種又はマイグレーションのたびに価格アップの傾向にあり、全体的に高い価格で設定されています。4インチモデルの6万円台から5.5インチモデルの10万円前後となっています。Apple社が独占しているため、高額になっていると考えられます。【Android】SONY、サムソンといったメーカーが多くのプロダクトラインを揃えて各社間の競争が激しく、そのためにも価格競争が熾烈を極めています。従って価格はピンキリという状況になっています。中にはSIMフリースマホが1万円台から出回っている状況が出現しています。
市場占有率  世界的にみますと、Androidが圧倒していて、その市場占有率は80%を超えています。片やiPhoneの方は15%程度の占有率を示しており、思ったほどの人気を帯びていないのが現状です。その理由にAndroidの方が価格面で安いことから新興国等で強烈な売上を占めているためであると考えられます。

 

国民所得の高い国においてはiPhoneの市場占有率は高くなっている傾向にあります。特に日本においては先進国の中でも非常に人気を博しており、スマホの約60%がiPhoneという結果が出ています。

安定性 iPhone】Apple社がオペレーティング・システムであるiOSをはじめ、スマホそのもののハード等において首尾一貫した製造ライン体制を構築しているため、安定性の面では安心感を与える状態となっています。スティーブ・ジョブズの理念が徹底的に引き継がれているためです。

 

Android】参入しているメーカーがまちまちであることからiPhoneに比べると安定性という面では不利な状況には間違いありません。

自由度 iPhone】Apple社によるユーザー囲い込み戦略によって、かなりの制約を受けることになります。アプリにしてもApple社の検証を受ける必要があります、iOSに関する改変も許可されません。

 

AndroidiPhoneに比べると、Androidの方が断然自由度が高いといえます。というのもAndroidそのものがオープンソースになっているため、アプリにしても誰でも開発して世に出すことが可能です。最近はGoogle社がAndroidを始めとした開発に注力しており、各メーカーに提供してきています。しかもAndroidに対する改変も認可していて、カスタマイズのバリエーションが急速に広がりを見せています。

 

 

次に、別の視点からiPhoneAndroidを比べてみます。

項 目 iPhone Android
3D Touch

 

※操作面での素早さと直感的なものにしています。

指紋認証

 

※指紋認証の可能なAndroidはあることにはありますが、セキュリティ面で脆弱。

マナーモードスイッチ

 

※音量ボタンの上にマナーモードスイッチがあり、このスイッチを押せばマナーモードに切り替わります。

 

※マナーモードに切り替える場合は、設定画面から行う必要があり、簡易性に欠ける嫌いがあります。

「戻る」「ホーム」「メニュー」ボタンの有無

 

※シンプルさを強調していることからホームボタンしかありません。

 

※ブラウザを利用して様々なコンテンツを閲覧する場合に強力なものになります。

 

最後に何をポイントにしてどちらを選ぶかということをまとまると以下のようになると思われます。

 

より簡易な操作、よりセキュリティ面での強固さを求めるなら、iPhone

 

しかも出来る限り周囲の人同じでありたいという願望の強い人はiPhone向きといえます。

 

より安くという価格面、やたらとガラパゴス機能に固執するなら、Android

しかも出来る限りパソコンのような使い方にこだわる人はAndroid向きといえます。

各携帯電話会社の比較!どこが良い?特徴まとめ(ドコモ、AU、ソフトバンク)

概して3社の比較をしてみますと、通話の品質では断然ドコモといわれています。接続といい、データ通信速度といい、どれをとっても安定感あり、

繋がりやすい。でも、よく把握してみますとガラケの時代はそのようであったといえますが、スマホの世界でははたしてどうなのかという疑問がふっと湧いてきます。スマホになってきますと、やたらとデータ通信をやる人が出てきています。

というのも現代においては、ネットを相当に利用する人が出てきています。つまり、データ通信においては各携帯電話会社はどうであるかということを調査する必要があります。

今のところ、データ通信面ではソフトバンクが一歩先をいっているようです。このソフトバンクでは、よく聞かれる7GB制限というのはありません。

ただ繋がりにくいという声はよく聞かれるようです。auは通話の品質、繋がりやすさ、価格等において3社の中間的位置にある携帯電話会社といえます。

 

通信技術の一環としてwifiLTE/4Gなどが出回っているようですが、

wifi】インターネット回線にwifi環境をプラスした通信形態を示しています。通信速度はLTE/4Gに比べると安定していて、インターネット回線にwifi環境を持っていれば、追加の通信料金はないのがこの方式のメリットといえます。

 

LTE/4G】携帯電話の電波を利用した高速通信規格をいいます。利用できるエリアの広さはwifiに比べると広い。この方式で注意する必要があるのは、契約時の内容をよく吟味して確認することが肝要といえます。場合によっては、定額スタイルを選択することがポイントであろう。高額な通信料になる可能性があるためです。

では、それぞれの携帯電話会社の比較をしてみます。

 

  メリット デメリット
ドコモ *電波の繋がりエリアがひろい。

 

*修理に要する時間は短い。

*取り扱っているメーカーが多いため機種が豊富。

*お財布ケータイが充実している。

*携帯電話でインターネットをする場合は他社より安い。

*コンテンツが豊富で充実している。

*NTTグループの強みを生かしていることからユーザーが多い。

*マーケティングセンスに乏しく殿様商売気質が強い。

 

*独自性が乏しく他社の模倣がおおく見受けられる。

*音楽を聴きながらネットサーフィンを行うというような、いわゆるマルチタスク機能が逆にレスポンスの面で芳しくない機種が多い。

*機種の価格が他社より比較的に高い。

*デザイン性に特長が乏しい。万人向けかも知れないが・・・。

*定額プランがいまいちで、魅力に欠ける。

 

au *途切れないようにするための工夫が電波の面で)なされている。

 

*プロダクトラインが個性的で若者向けの構成になっている

*充実したGPSやウォークナビの面を持っている。

*音楽面での機能において使い勝手がよい。

*通信速度が速く快適である。

*機種面からみて価格は安いといえる。

*顧客満足度ではナンバー1といわれている。

*請求システム面でお客様本位になっている。まとめて請求がその一例です。

 *機種変更の際、ロックをクリアする必要があるため、2,100円の手数料がかかってしまう。

 

*修理を依頼すると、メーカーに預けるため、時間がかかる嫌いがある。

*可愛さのない絵文字が多く不人気である。

*コンテンツにau非対応がある。

*お財布ケータイの機能面が充実性が欠ける。

*海外でも使用可能な国債ローミングが乏しく、利用制限がかかるケースがある。

 

ソフトバンク  *安い価格の基本が揃っている。

 

*ソフトバンク同士間の通話、メールにおける無料プランが準備されている。

*上限を4,410円として、1,029円からのパケット定額プランに加入できるメリットがある。

*海外で利用可能とする国際ローミング面が充実している。

 *利用できるエリアが狭く接続不良ケースが起こる。

 

*メールに関する通信速度が遅く、リアルタイムにやりとりができないことが多い。

*コンテンツにおいて、ソフトバンク非対応が多い。

*過剰請求トラブルが多く、色々なトラブル時の対応に難がある。

*利用明細書の送付は無料ではなく、有料となっている。

*修理を依頼すると、メーカーに預けるため、時間がかかる嫌いがある。

 

 

それぞれの携帯電話会社の長所・短所を述べてきましたが、要はポイントをどこに置くかによって選択する基準は変わってきます。さらに、これらの世界では競争が一段と激化する傾向にあり、直ちに情報が陳腐化する恐れがあります。

 

それ故、購入時期等のタイミングを見計らいながら各携帯電話会社の情報とデータを収集することに怠ることなく、選択ポイントをどこに置くか等について準備する必要があります。

スマホとiPhone、ガラケーの違いは5つある!

先端的新分野を切り開く携帯機器用のオペレーティング・システムを装填した携帯電話の一つをいいます。スマートという言葉は賢いという意味が篭っている考えられます。その携帯電話を大きく分類すると、スマホとガラケーに分かれます。<注>スマホはスマートフォン⇒スマフォ⇒スマホと変化したもの。

<注>ガラケーとはガラパゴス携帯を略した言葉。

 

スマホを取り扱っている携帯電話会社は、国内ではドコモ、au、ソフトバンクの3社です。ガラケーを取り扱っている携帯電話会社は国内ではドコモとauの2社です。いつの間にかソフトバンクにはガラケーがなくなっているのですね。

 

次にドコモでは、Androidという名のオペレーティング・システムを装填した携帯電話を取り扱っています。その内訳としては、Xperiaを出荷しているSONY及びGalaxyを出荷しているサムソンと販売面でタイアップしてこの2つを販売しています。

 

auでは、Androidという名のオペレーティング・システムを装填した携帯電話Galaxyを出荷しているサムソン及びiOSという名のオペレーティング・システムを装填した携帯電話iPhoneを出荷しているApple、その他にWindows Phoneという名のオペレーティング・システムを装填した携帯電話IS12Tを出荷)している東芝の3社と販売面でタイアップして販売しています。

 

ソフトバンクでは、OSという名のオペレーティング・システムを装填した携帯電話iPhoneを出荷しているAppleと販売面でタイアップして販売しています。これらを整理してみると以下の表になります。