「iphoneX在庫/iPhone8,iphone8PLUS在庫」最新リアルタイム!2017年

2017年の「iPhoneX在庫」と「iphoneXPLUS在庫」の最新リアルタイム情報の予約関連情報など総合的に掲載しています。

LINUXとUNIXの違い 歴史/生い立ち

UNIX  

 

UNIXは現存するオペレーティング・システム(=OS)にあっては最古のOSの一つである。最古であるが故に辿った道は複雑で数々のOSの基礎を築いたことで知られる。その歴史は、1968年にAT&T社ベル研究所が開発したオペレーティング・システムで、当時は画面中心に操作を可能にする機能であるグラフィカル・ユーザー・インターフェース(=GUI)が開発されていなく、黒い背景の画面上でコマンド・ベースにコンピュータを動かしていたキャラクター・ユーザー・インターフェース(=CUI)という機能をフルに使用していた。当時は操作が簡単で容易なショートカットキーを用いてWindows及びMacを操作していた。因みにAT&T社は現代ではアメリカ有数の携帯キャリアの会社となっている。UNIXの特徴としてまず挙げられるのが余分な機能がなく非常に身軽に構成されている。ということは安全性が極めて高いにもかかわらず廉価であることである。

Mac社が有するMacOSはUNIXから派生したOSで、その後独自にバージョンアップを重ねて、企業内のシステムの基幹として利用されたりプロダクトにも多く使用され続けている。例えば、カーナビや携帯電話等に用いられている。OS Xにより使い勝手のいいグラフィカルユーザーインターフェース(=GUI)やタッチパネル方式等の機能を追加して数々の改良を重ねた結果が、現在のiPhoneのOS(=iOS)として使われている。

<注>OS X iPhoneというネーミングで2008年まで使われていたが、2009年にiPhone OSという名前に変わった後に2010年6月にiOSという名前に改変した。因みにバージョンでいえば4.0から用いられた。

UNIXは群を抜いて安定しているため、各企業はサーバーのOSに重宝して使用している。また、各企業が独自に開発したソフトウエアは知的財産権として堅固に守っている。

LINUX UNIXを引用しながら作成したのがLINUXで、フィンランドの首都ヘルシンキで当時大学院生であったリーナス・トーバルズという天才プログラマーが、アンドリュー・タネンバウム(Mninixの開発者)に強烈な影響を受けて、趣味を兼ねて自宅のパソコンを趣味として使っていた環境配下で開発したオペレーティングシステムで、1991年に世に公開した。そこで驚くには何と大学の授業で渡されたMinixをチェックしたところ機能が不足していると直感し、自分でターミナル・エミュレータを開発したのである。しかし、Minixを改造という積りが作り変えというレベルであったため、これではダメだと考え、ゼロから作成し直すことに意を決し、UNIXの著作権を侵害しないためにも独立したものを作ったのである。これがLINUXである。作り上げた時点で、UNIXはライセンス契約の拘束がきついため、「UNIXは面倒だ・・・。」という声が味方となりLINUXが登場することになったのである。作動方法はUNIXと全く同一であるものの、中身はリーナス・トーバルズのオリジナルそのものであった。ライセンスはなく、「気にせず、自由に使ってくれ」ということで、ソースコードはオープンかつ無料で、改良や配布はフリーにしたのである。そのため色々なLINUXが生まれ、数々の改良がなされて安定度は増してきた。そのため、企業のシステム・インフラとして利用する場面が多くなる。そして、UNIXとは違うのがほとんどLINUXは無料であることである。LINUXも色々なものに利用されている。顕著なのはAndroidのスマホである。また、自由に利用されていることから、現在では多くのシステム・エンジニアがボランティアで開発し続けていし、企業のシステム案件における利用も加速度的に増加している。

 

 

結論 ライセンス面での違いが歴然としてあるものの、内容的には非常に類似したOSで親戚関係にあるといえる。